大学生nashikuraのブログ

受験、学校生活、大学生の日常、雑記

神奈川出身の僕が、地方大学に進学した理由 【地方移住】

 どうもnashikuraです。  

 

 今回はタイトルの通り、神奈川の高校に通っていた僕が、なぜ県内や都心の大学を受験しなかった理由について書きたいと思います。受験生にも参考になる情報が多いので、ぜひ最後までお読み下さい!

 

 

 単刀直入に、理由は大きく3つあります。

 

1 一人暮らしに憧れていた

2 長い通学時間をかけて通いたくなかった

3 絶対に満員電車に乗りたくなかった

 「電車の中で、立ったまま寝る中年男性」の写真

 

それぞれについて説明していきます。

 

 

 1つ目の一人暮らしは、おそらく多くの高校生が憧れていることだと思います。僕も大学では絶対に一人暮らししたいと高校生の頃から思っていました。しかし、は都心は家賃が高いから、都心の大学に行くなら実家から通えと言いました。まあ、当然っちゃ当然ですね。僕の家庭は裕福ではなかったので。その点については納得しました。しかし、郊外や地方の大学に行くなら家賃がある程度安いから、国公立ならそこでも良いと言ってくれました。地方の私立なら、最悪奨学金などの手段をとればいいと言いました。

 

 

 2つ目については、高校の通学時間が片道1時間を超えていたため、通学時間が長いことの辛さを知っていました。自分の行きたい学部学科があった最も近い大学である横浜国立大学ですら、実家からは通学時間が片道約一時間半かかるため、それはさすがにきついと思いました。そのため、横国は最初から僕の志望校の中には入っていませんでした。

 

 

 3つ目は、一番大きな理由かもしれません。たとえ1つ目と2つ目を妥協して実家から通うとしても、満員電車という絶対的な壁が僕には立ちはだかります。僕は当時から何がなんでも満員電車に乗りたくなかったです(満員電車については別の記事で書こうと思います)。そのため、都心にある、または通学時に通る私立(早慶上理やMARCHなど、東京にあるほとんどの有名私立)は全て僕の志望校の選択肢から消えました

 

 

 

 受験の結果的には、東京の郊外(23区外)にある国公立大学を第一志望としていましたが、そこはセンターリサーチの結果の判定が悪かったため、下方修正して地方の国立大学を受験し、無事合格することができました。

 

 

 

 さらに私立に関しては、最初から受験する気はあまりなかったですが、学校からは浪人したくないなら受けろと言われ、親からも第一志望の練習になり、受験料は払うから受けろと言われたので、2つに絞って受けました。(今思えば受験料払ってくれたのは、とてもありがたかったです。)受験の一日ですら満員電車に乗りたくなくて、比較的実家から近い横浜駅周辺で受験できるという理由もあり(理由はもちろんこれだけではないけど)、自分の行きたい学部学科があって、キャンパスが東京にない関関同立と日東駒専のうち一校ずつを受験し、無事に両方合格しました。でもやはり、一発目の試験はとても緊張したので、国公立の前に受けておいてよかったです。

 

 

 

 

 学校の周りの受験生は、早慶上理やMARCHなどの私立を受けまくっていて、受験料どんだけかかるんだよ、と思っていましたw地方では割と私立を全く、あるいはほとんど受けないという人が多いらしいですが、僕は周りの受験生と比べても受験校数は最小クラスでした。神奈川には金持ちが多いんだなー、と思いましたw

 

 

 

 

 この経験から僕が最も言いたいことは、行きたい学部学科がある人は、大学名以外にも通学条件や周辺の環境などをしっかり考慮するべきだということです。僕が仮に上の3つのことを考えずにただ行きたい学部学科のある大学をテキトーに受けたとしたら、受かったとしても、きっと楽しいキャンパスライフは送れなかったと思います(今コロナで楽しいかどうかは微妙ですけどw)。さらには、本当は全く行きたくない大学なのに、とりあえず受験するというのは、お金が非常にもったいないです。受験校を決める前に、実際に足を運ばなかったとしても、最低限アクセスを確認したり、周辺の環境をグーグルマップで見たりするべきだと強く思います。

 

 

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました!

 

神奈川県の高校のリアルなイメージ 公立偏

 どうもnashikuraです。

 

 ※この記事の内容には、一部噂や偏見等が含まれているため、全てが正確な情報とは限りません。

 

 今回は、高校時代までを神奈川で過ごした僕が、神奈川県内の高校の実態とイメージについて書きたいと思います。自分のありとあらゆる知識と今までの経験を探り出して書きました。それでも何も思いつかない高校も多数あったので、そこはすみません。ちなみに、この中には僕の出身校がありますが、そこは伏せています。

 

 早速行きたいところですが、どういう順番で書こうかと考えていた時、偏差値順でいいやという結論に至ったので、以下の表のとおりの順番で行きます。

 

www.minkou.jp

 

横浜翠嵐…超頭いい、公立最難関、ガリ勉(※たぶん)、女子少ない、倍率高い、特色検査が鬼ムズイ

 

湘南…通称4年制高校、浪人率高め、日本一の体育祭(※たぶんガチ、命賭けてる人もいるらしい)、青春偏差値も高め、文武両道

 

柏陽…国公立主義(※ガチらしい)、学歴コンプ(※翠嵐湘南の陰に埋もれてる)、文武両道、駅近

 

厚木…近年偏差値急上昇中

 

横浜緑が丘…女子率高め、偏差値の割に進学率低め、青春偏差値高め、かわいい人が多い(※たぶんガチ)

 

横浜サイエンスフロンティア…ゴリゴリの理系、でも文系もいるらしい、女子率低め、東大が割と多い、女子はモテる(※らしい)、クイズ研究部が全国レベル

 

川和…早慶進学者多数、MARCHの多い(※確か全国1位経験も)、文武両道

 

相模原…公立の中で野球がトップクラスに強い、文武両道

 

多摩…すみません

 

希望ヶ丘…校則めっちゃ緩い(※制服無、紙染め自由)

 

光陵…すみません

 

平塚江南…部活の顧問がここだった

 

横須賀…内閣総理(小泉純一郎)、ノーベル賞(小柴昌俊)、五輪選手(猪熊功)の輩出は都立日比谷とここだけ(※ガチ)、校舎が汚い(※らしい)、クイズ研究部が全国レベル

 

横浜国際…国際色、入試の英語の比重高め、放任主義(※噂)

 

小田原…すみません

 

神奈川総合…制服私服半々(※たぶんガチ)、大学みたいに単位制、駅近、倍率高め、温水室内プール、校舎めっちゃ綺麗

 

鎌倉…青春偏差値日本一(※ガチらしい)、スラムダンクのモデルの高校になった

f:id:nashikura-23:20201012001447p:plain

江ノ電鎌倉高校前駅

大和…すみません

 

横浜平沼…元女子高、羽鳥慎一

 

茅ヶ崎北稜…すみません

 

市ヶ尾…すみません

 

追浜…横須賀スタジアムが近い

 

市立金沢…駅近、八景島シーパラダイスが近い、EXILEのHIRO

 

市立桜丘…名前かっこいい

 

生田…すみません

 

弥栄…すみません

 

海老名…すみません

 

大船…アクセス悪い(※らしい)

 

秦野…すみません

 

市立南…中学受験組の進学率がえぐい、積分サークルのすん(※たぶんガチ)

 

七里ヶ浜…海が目と鼻の先、青春偏差値高め

 

松陽…すみません

 

市立戸塚…口コミがいい、知り合いでかわいい人がいた

 

港北…すみません

 

座間…すみません

 

横須賀大津…元女子高、行事ガチ勢

 

市立川崎総合科学…ゴリゴリの理系(※偏見)

 

麻溝台…すみません

 

大磯…すみません

 

新城…すみません

 

鶴見…すみません

 

横浜栄…すみません

 

藤沢西…偏差値の割に倍率高い(※ガチ)、口コミがいい(※ガチ)

 

市立橘…公立の割にスポーツが強い

 

湘南台…すみません

 

西湘…すみません

 

瀬谷…すみません

 

鶴峰…すみません

 

元石川…すみません

 

伊志田…すみません

 

氷取沢…かわいい人が多い(※噂だけどたぶんガチ)、向井理

 

みなと総合…女子率高め、大都会みなとみらい、室内プール

 

住吉…すみません

 

大和西…すみません

 

茅ヶ崎…駅からのアクセス悪い

 

金井…すみません

 

市立横須賀総合…校舎がめっちゃ綺麗

 

厚木東…すみません

 

上溝…すみません

 

深沢…すみません

 

有馬…すみません

 

荏田…すみません

 

岸根…すみません

 

逗子…パリピ多そう(※たぶん)

 

津久井浜…駅近

 

橋本…すみません

 

藤沢清流…名前かっこいい

 

麻生…すみません

 

舞岡…すみません

 

市立横浜商業…通称Y校、野球の名門(最近はそんなに強くない)

 

神奈川総合産業…すみません

 

二俣川看護福祉…すみません

 

百合丘…名前かっこいい

 

横浜清陵…すみません

 

横浜立野…すみません

 

金沢総合…ギャル、前身の富岡はゆずの岩沢厚治

 

秦野曽屋…漢字がむずい

 

市立高津…すみません

 

霧が丘…すみません

 

横浜南陵…すみません

 

足柄…すみません

 

厚木西…すみません

 

城郷…ぱっと見読めない

 

横須賀明光…すみません

 

逗葉…ネプチューンの堀内健

 

…米倉涼子

 

川崎北…すみません

 

藤沢総合…すみません

 

上矢部…すみません

 

新栄…すみません

 

伊勢原…すみません

 

生田東…すみません

 

横浜緑園…自然が豊かそう(※偏見)

 

相原…リニアモーターカーの工事の関係で、最近キャンパスが移転した

 

神奈川工業…すみません

 

新羽…すみません

 

白山…阿部寛

 

上鶴間…すみません

 

綾瀬…すみません

 

瀬谷西…すみません

 

高浜…すみません

 

茅ヶ崎西…すみません

 

山北…田舎(※らしい)

 

大和南…すみません

 

横浜桜陽…名前かっこいい

 

市立幸…すみません

 

保土ヶ谷…すみません

 

三浦初声…僕が受験のときは名前が三浦臨海だった

 

厚木北…すみません

 

相模田名…バナナマンの日村勇紀

 

相模原総合…すみません

 

座間総合…すみません

 

商工…すみません

 

二宮…すみません

 

城山…すみません

 

…すみません

 

厚木商業…すみません

 

厚木清南…すみません

 

磯子工業…すみません

 

中央農業…すみません

 

永谷…ヤンキー校(※噂)

 

平塚商業…すみません

 

麻生総合…ヤンキー校(※噂)

 

小田原東…すみません

 

川崎工科…ゴリゴリの理系(※たぶん)

 

寒川…治安が悪い(※噂)

 

大師…すみません

 

平塚工科…すみません

 

平塚農業…すみません

 

藤沢工科…すみません

 

横浜旭陵…すみません

 

吉田島…すみません

 

綾瀬西…すみません

 

小田原城北工業…すみません

 

鶴見総合…すみません

 

横須賀工業…すみません

 

大井…クリエイティブ

 

海洋科学…船に乗る実習がある(※たぶんガチ)

 

津久井…クリエイティブ

 

向の丘工業…すみません

 

釜利谷…地名がキラキラネーム、朝同じ電車に乗ってた釜利谷生はめっちゃかわいかった、クリエイティブ

 

大楠…アクセスがめっちゃ悪い、クリエイティブ

 

田奈…クリエイティブ

 

平塚湘風…すみません

 

愛川…田舎(※らしい)、クリエイティブ

 

 

 いかがだったでしょうか?一応全ての公立高校を書いたつもりですが、書き漏れていたごめんなさい。思っていたより数が多く、名前を初めて聞く高校もあったので、情報が不足しているかもしれませんが、少しでも参考になればいいと思います。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神奈川県の高校受験 【受験生へのアドバイス】

 どうもnashikuraです。

 

 この記事は特に高校受験を考えている小中学生やその保護者の方などに向けてのものです。 

 

 僕は高校を卒業するまでは神奈川県に住んでおり、高校受験も経験しました。そこで今回は、神奈川県の高校受験のイメージ、志望校の決め方、アドバイスなどを僕の経験から書きたいと思います。僕の高校受験は5年くらい前のことですが、現在もそれほど変わっていないため、情報が古すぎるということはないと思います。

 

 まず、神奈川県の高校受験は全国的に見ても、とても厳しく、競争率が非常に高いと言えます。それを裏付けるデータとして、以下のものを用意しました。

todo-ran.com

data.gakkou.net

 

 上のサイトの表は、47都道府県の人口10万人当たりの高校数のランキングで、神奈川は最下位、つまり10万人当たりの高校数が最も少ないということを表しています。

 下のサイトの表からは、47都道府県の国公立高校と私立高校の数が分かり、神奈川は人口当たりの公立高校数が最も少ないことが分かります。つまり、受験生全員が公立高校を受験するとすれば、神奈川の公立高校は47都道府県の中で最も倍率が高くなるということです。

 これらのことから、神奈川の高校受験、特に公立はとても難しいということは分かって頂けたでしょうか?つまり、それほど中学の時の勉強が非常に大事になってくるということです。

 

 次に、志望校の決め方や併願などについて書きます。僕は公立高校出身なので、私立専願の人や、県外の私立を受ける人のことは分からないので、そこはご了承ください。

 一般的に、神奈川では公立が第一志望の人は併願や安全校として私立を1校か2校受けます。

 公立の入試は2月下旬、私立は2月中旬にあります。そこで、公立志望の人は滑り止めや併願の私立を抑えてから公立の入試に臨みます(本当に気持ちがラクになる)。経済的な理由などから私立を受験できない人は、公立のレベルを自分が絶対に受けるレベルまで下げてから受ける人が多いです。また、私立の中には公立の合格発表があるまで入学金の支払いを待ってくれる親切な学校もあるため、通学などの条件がある程度悪くてもそこを受ける人も多いです。さらに、定員に満たなかった公立は二次募集の入試を3月上旬にすることがありますが、個人的には高校のレベルをすごく落としてしまうため、おすすめできません。

 詳しい日程などは以下に貼っておきます。

exam-kanagawa.com

 僕がおすすめする受験プランは、以下のようです。

 もし、親御さんが私立を受けても複数受けてもいいよと言ってくれれば、私立は1校はチャレンジ校、もう1校は滑り止め校で、公立は実力相応校もしくは少し高めを狙うというものです。私立1校であれば、それは滑り止めで、公立は実力相応もしくは高めを狙いましょう。

 残念ながら私立は無理と親御さんが言ったら、公立を絶対に落ちない最高限のレベルを受験しましょう。

 

 また、私立は内申点のみで合格できる学校も多くあるため、中学生の人はとにかくできるだけ高い内申点を目指しましょう。私立の勉強をせずに公立の試験だけに専念できるのは、とてもとても有利になります

 

 最後に、この記事に少しでも説得力を持たせるために、僕の経歴を少し書きます。(覚えている限りですが)

内申点…123/135(確か) 

受験校…公立…合格してそこを卒業したので、身バレ防止のため書きません。(でも多分大体分かる)

    私立…鎌倉学園 内申点が足りなかったから、一般受験した 合格

       藤嶺藤沢 内申点のみ 入学金待ってくれた 合格

 内申点は、中2の途中までは、33~35/45とかでしたが、受験期は頑張って41~42/45くらいまで上げました。中学レベルのテストは、試験一週間前からでもしっかり対策して勉強すれば、高得点は絶対狙えます。

 

 あと一つだけ書きたいことを思い出しました。

 僕個人の意見になりますが、挑戦せずに受験する高校のレベルを落とすのは非常にもったいないです。田舎には、例えば偏差値が65あるのに、地理的に偏差値55の高校しか通えない人がたくさんいます。そういう意味で、神奈川は集約的な県であり、多少の通学時間を妥協すれば、本当に様々な高校に通うことができます。僕も実際に第一志望の公立(通学時間は片道1時間と少し)に受かるかどうか本当に微妙なレベルでしたが、結果的に受かり、そして3年間周りから多くの刺激を受けて、勉強面や精神面でもとても成長することができました。自分のレベルに合った高校に行くのは本当に重要なことだと思います。行きたい高校があるけどあと少し足りないという人は、とにかく勉強を頑張りましょう。また、内申点もたかが中学のテストなので、本気で勉強すれば絶対に成績に反映されます。少しでも高いものを目指してください。応援しています!

 

「合格祈願をする受験生」の写真[モデル:河村友歌 渡辺友美子]

 

 

 

 

 今回は以上です。お読みいただきありがとうございました!